セフレ掲示板でクリ拷問されたい女と会った。 駅で待ち合わせをして出会った時は、普通に会社勤めでもしているような地味な印象だった。一緒に食事をしてお酒を飲んでいた時も、笑顔になると笑いジワができてかわいいところがあるな、などと思っていたくらいだ。そして、案外と簡単にホテルへ連れ込むことができたのだが、そこから態度が一変したんだ。 一般の女性よりクリトリスが大きくてソラマメのようにプクっとしていた。これは責めがいがあるなと思ってクンニしていたんだけど、だんだんと気分が高揚していく中で「もっとやって」「もっと激しくして」と要求がエスカレートしていって、頂点に達した時は「もっといじめて」だった。キュッとつまむくらいじゃダメなんだ。爪を立てて傷つけることくらいしないと、おそらく彼女は満足できなかったと思う。きっと、あのクリトリスの大きさも激しい行為で肥大化したものなのだろう。 でも、女性の体を傷つけることなんてできないし、何よりも僕はクリ拷問して喜ぶような趣味はない。 セフレの作り方を完全習得して2人のセフレのクリを開発中 僕が断ると、彼女も我に返ったように「ごめんなさい」と詫びてきた。話を聞くと、最初に付き合った男性が異常にクリトリスに固執するヘンタイだったそうで、激しい行為に最初の内は痛みしか感じなかったそうでその彼とは別れたのだが、クリトリスはしっかりとクリ拷問に感じるように調教されてしまっていた、とのことだった。だから、普通のセックスでは物足りなくなって出会い系のサイトで自分をいじめてくれる人を探していたとのことだった。 しかし、おそらくそれは彼女の本心ではないと思う。なぜならば、本当にいじめてほしいのならばセフレ募集にもその旨は書いてあるはずだ。しかし、彼女は普通の出会いを求めていて、僕はそれに応じただけだ。きっと、心の充足と体の快感が乖離してしまっているんだろう。 クリトリスだけがセックスではない。そして、今、僕は彼女を再調教しているところだ。一度、クリ拷問で達した経験のある女性が、その禁断の快感から逃れられるかどうかは、どれだけ彼女の心に寄り添えるかにかかっているのだと思う。 センズリ鑑賞 無修正のオナニー

クリ拷問

93
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.